サイト内
 
 

 彼女が表紙やグラビアに出演していると、雑誌の販売部数が伸びる! 出版不況のこの折に、そんな風に語られていて、まさに伝説的グラビアクイーンである川村ゆきえの登場だ。

 リリースされたのは、『ゆっきータイフーン』『Love Vacation』(双方ラインコミュニケーションズ)の2作品。活動休止後にますます人気が高まる彼女なら2作同時リリースもむしろ当然といったところか。

 

 さてその内容はどうなっているのか。
「(2作品とも)夏にバリで撮ってきたんですけど、『ゆっきー〜』の方は王道のイメージ映像が中心です。ベッドでゴロゴロしてたりっていう、よくある感じのシーンがあるんですけど、髪型が可愛くて気に入ってます。『Love〜』はカメラに向って話しかける感じのシーンが多くて、お気に入りは家庭教師の先生になっているシーン。砂浜で“早く戻ってお勉強しなさいよ”みたいな感じです」
  バリの海辺に突如現れる家庭教師・ゆきえ…。かなりシュールだ。不思議なムードも楽しめそうな『Love〜』である。

 一方の『ゆっきー〜』。タイトルに“タイフーン=台風”とあるにも関わらず、ロケは晴天に恵まれたとのこと。
「それまでバリはずっと雨だったそうなんですけど、私が行っていた8日間はずっと快晴だったんです。“晴れ女”ぶりには自信があるんです」といい、ピーカンの日差しの下で撮られたアツい映像が満載の2作品となっている。(※しかし8日間とは破格のロケ期間! メーカーさんの力の入れようが伺われる!!)

 

「デビューの頃と比べると、(作品中で)かなり喋るようになってるかな。“早く来て(ハート)”みたいな台詞を喋ってます」
  “早く来て(ハート)”はかなりグッと来るセクシーな台詞だ。これをカメラ目線で川村ゆきえに言われたら、撃沈必至! そんな作品でのセクシーな彼女は素なのか?

「これはひらがなの方の“ゆきえ”ですね。漢字の雪絵(※本名)の時の私は、もっとお喋りです」
  あまりお喋りなイメージのない彼女は、今回の2作品ではかなり喋っているとはいうものの、普段の“川村雪絵”にはまだまだ負けるらしい。一度、喋りまくりな素の彼女も観てみたいものである。

 そんな彼女がすっかり素に戻ったと思われるお正月の過ごし方はどうだったのか。
「お家で紅白を観ていました…、あ、それは年末か。そうそう、元旦には電気屋さんに行ってTVを買ってきましたヨ。32型の地デジ対応。初めて大人買いをした気分でした。でも、うちのマンションがまだアナログなので、デジタルで観るのはまだ先になりそう」
  とのことで、結構のんびりした年末年始を過ごせた模様だが、しかし、
「今年のお正月は“お餅を絶対に食べない”と誓い、食べずに過ごしました」とのことで、いくらのんびりしたお正月とはいっても、グラビアクイーンは何かと大変だということをちょっぴり暴露してくれていた。

 `07年は4月スタートのNHKの朝ドラ、連続テレビ小説『どんど晴れ』へのキャスティングも決定済み。勢いに乗る川村ゆきえとあって、本日のイベントにはファンも取材も大挙して押し寄せていた。

 グラビアクイーンからさらに一皮剥けた大ブレイクを予感させる彼女だったが、ドラマ開始の頃には、地デジで自身の演技を観れるとイイですネ! (了)

 
 
 
ラインコミュニケーションズから、王道イメージの『ゆっきータイフーン』と、バーチャル恋人気分が味わえる『Love Vacation』を新年早々の同時リリース!
「`07年も頑張りま〜す!」という掛け声が聞こえてきそうだが、実はジャンケン大会でグーを出した川村ゆきえの姿。ジャンケン勝者にはサイン入りTシャツがプレゼントされた。
ファンからプレゼントされた自作フィギュア。「いつも作ってきてくれるんです。ありがとうございます!」と当人も大喜び。干支をモチーフにしたお正月向きの傑作です。
 


ポケットクイーン・バックナンバー

「水着DVDより恥ずかしい・・・」グラビア女王・ゆっきーが初演技!
復帰直後に撮影したトレカには、スリムでベビーフェイスな「ゆっきー」がいっぱい!
沖縄ロケではコスプレ尽くし。ファーストDVD以来のバニーガール姿も…!
芸能活動を再スタートで、いきなり「月刊シリーズ」初の2号連続登場!

 
iTopix Idol News Archives バックナンバー一覧