サイト内
 
 

グラビア誌の表紙などを飾り、人気が一気に伸びている木口亜矢さんが、写真集とDVD『恋文 〜love letter〜』(両方とも晋遊舎)の発売記念イベントを開いた。

 

取材:セカンド写真集ですね。どんな点が特徴ですか?
木口亜矢:今回は短期間じゃなくて。約1年くらいかけて撮りました。最初のほうに撮ったものと比べて、全然顔つきが変わってきていると思います。だから成長記録が見られるかな? しかも撮影するスタッフのメンバーがほとんど同じ。おなじみのメンバーで1年間撮影できたので、すごく素が出ていると思います。

取材:表紙の写真はいつ頃に撮影したのですか?
木口亜矢:これは去年の11月に北海道で撮りました。寒くて寒くて、この日の夜に熱を出しました。次の日は熱が39度になってしまい、顔は笑っているのですが、かなり大変でしたね(笑)。

取材:顔つきはそんなに違います?
木口亜矢:全然違いますね。顔つきというよりも表情というか。今までワンパターンだと思っていたのですが、ずっと撮ってもらっているうちに大人になってきましたね。

取材:衣装はどうですか?
木口亜矢:いつも気に入っているものばかりでした。たとえば胸がハートマークになっている衣装。これは「ボイン戦隊」といいます。

取材:撮影地は北海道のほか、どんなところで撮っているのですか?
木口亜矢:一番最初がグアムで、都内のスタジオで撮ったりしました。

取材:ロケで思い出に残っていることは?
木口亜矢:北海道の草原で撮影した洋服のシーンがすごくきれいだったんですよ。DVDで見たらさらにわかるのですが、寒いのに体が熱くてはしゃいでしまいました。見渡す限りの草原で、本当に気に入っている写真になりました。それから、表紙の写真も大好きです。

取材:表紙の写真は水着なのですか?
木口亜矢:うーん。写真集のコンセプトが「ハダカの亜矢を伝えたくて」ですからね(笑)。今回は背中もポイントにしてみました。

取材:背中は自信がありますか?
木口亜矢:もともと腰に自信があったんですよ。「亜矢カーブ」というのを作ってもらったし。そり返しが得意だと言ったら、この撮影のときにカメラマンさんが名付けてくれました。

取材:亜矢カーブも1年で成長しました?
木口亜矢:しましたよ! そりが違います。弾力も違います。

取材:DVDも発売されていますが、映像での見どころは?
木口亜矢:グアムのロケからのメイキングがずっと入っているんです。撮影中のイメージシーンが交互に繰り返され、インタビューも入っているのでボリュームもたっぷりです。

取材:自作の予定は?
木口亜矢:さらに磨きのかかった作品を作れるように頑張りたいです。

 
 


木口亜矢、泣きそうなほど嬉しいファースト写真集!! サイン会もドキドキ気分
トランス、HIPHOPなどのレイブシーンを紹介する音楽情報番組がいよいよスタート!!

木口亜矢写真集 恋文love letter

 
iTopix Idol News Archives バックナンバー一覧