サイト内
 
 

『みうみうの吐息 〜強がる愛のかたち〜』でCDデビューも果たした女子高生アイドルの仲村みうさんが、2nd写真集『制服放浪記』(ワニブックス)の発売記念イベントを1日、新宿の福家書店サブナード店で開催した。

本作品は少々変わった内容で、仲村さんが制服姿のまま全国を“放浪”するという企画モノ。4日間で電車を乗り継ぎ、埼玉〜名古屋〜大阪〜大分〜宮崎を巡るというハードロケ。各地の観光名所でパンチラを連発するなど見所満載だが、何と言っても本作最大の目玉は、ブログで公募したファンの自宅にての水着撮影。女性を含めた4人のファンで撮影を行ったそうだ。

 

取材:2冊目の写真集ですが、特徴を聞かせてください。
仲村みう:制服姿の仲村みうが、大阪や名古屋、宮崎などの名所を回ったりしています。

取材:ずいぶんいろいろな場所に行っていますね。撮影期間は?
仲村みう:4日間です。修学旅行のような気分でいろいろなところに行けましたね。ファンの方の家に行ったもしましたよ。

取材:ファンの家に?
仲村みう:はい。リアルに行きました。ブログで募集をして、そのなかから選んだ方の家に行ったんですよ。

取材:ファンの家はどうでしたか?
仲村みう:4軒行ったのですが、それぞれまったく趣が違っているんですよ。人の家に行くことはあまりないので、すごく楽しかったです。本がたくさん並んでいて、「おぉ〜!」と驚いたり。自分の周りにない世界だったので面白いなと思いました。

取材:そこで水着になったりしたんですよね。
仲村みう:そうですね。最初は制服を着ていて、その場で脱いでいったりするんですよ。毎日寝ているふとんの上で脱いだりしたので、ちょっとリアルっぽいです。

取材:ビックリしたことはありますか?
仲村みう:すべての家にそれぞれの方のこだわりを感じたことですね。アイドルDVDがたくさんある一方でガンプラが飾っている方もいて、2次元と3次元を両立しているのに驚きました。大阪では女性の方の家にも行きましたね。それから宮崎県では、すごく広い一軒家にも足を運びました。1人で住んでいるらしく、使っていない部屋が多いんですよ。そこに「私が入っていいのか?」なんて思ったり。本当にそれぞれ違うなとビックリでした。

取材:この人形は?
仲村みう:名古屋のロケのときに一緒に撮ったんですよ。今日はわざわざ来てもらいました(笑)。

取材:ちなみに、仲村さんの部屋はどうなっているのですか?
仲村みう:普通ですよ。テレビがあって、ベッドがあって、机があって、フィギュアが並んでいるくらい。アイドルのDVDは隠してあります(笑)。引き出しを開けるといろいろなものが出てきますが、パッと見はかなりきれいです。

取材:とてもめずらしい企画の写真集だと思いますが、全体的に見てどう思いますか?
仲村みう:最初に聞いたときにすごく面白いと感じで、すごく乗り気になりました。でも、電車があまりにも長かったですね。湯布院へ行くときは5時間新幹線に乗りっぱなしとか。ハードだったのですが、出来上がったものを見ると今回はグラビアが好きじゃない人が見ても面白い写真に仕上がったかなと。大満足です!

 
 
 
 
 
 
 
 
 
写真集に登場するゴスロリ調のフィギュア
 


宇宙企画Boy

クールなイメージが緊張でガチガチに・・・ツンデレ好きにはタマリマセン!!
泡が弾けてなくなり「まいっちんぐ!」 スクール水着で窓をふく面白映像も!!
緑友利恵・仲村みう、ロケでは自転車に乗るのが大変だったり、逆に楽しかったり…?
仲村みう、疲れも吹っ飛ぶ!? バリ島のロケでは大好きな爬虫類がたくさん出現!
ミスマガジン2006、ブレイク確実、5人の美女が水着で待望のDVDを発売!!

仲村みう 写真集『制服放浪記』

 
iTopix Idol News Archives バックナンバー一覧