広川千晶
セーラー服が一番自分らしいと思いました!
2008.9.7 / ソフマップアミューズメント館

身長152cmでバストが95cmのGカップ。グラビア誌を中心に活躍中の広川千晶さんが、DVD『Chiaki Smile♪』(エアーコントロール)の発売記念イベントを開いた。
 
 
取材:DVDははじめてですね。出来上がってみた感想は?
広川千晶:走っているところを見ると、改めて自分が小さいなと実感しました(笑)。恥ずかしかったですね。

取材:ロケはいつどこでやっていますか?
広川千晶:5月頃に沖縄でやりました。映像の撮影ははじめてで、どうしたらいいのかわからなかったところもありましたね。でも、この撮影で慣れました!

取材:どんなシーンが入ってますか?
広川千晶:河原で清純そうな女の子が歩いているシーンがあったり、ベッドで誘惑したり、海で元気にはしゃいだり。いろいろな姿が入っています。

取材:オススメのシーンは?
広川千晶:制服を着ているシーンだと思います。セーラー服なのですが、懐かしいなと思うし、「これが千晶なんだ!」と自分らしさが出せたかなと。

取材:水着はどうですか?
広川千晶:お腹と腰の部分が出ている水着を着たんですよ。そういうデザインのものを着るのははじめての経験だった見どころじゃないかなと思います。

取材:広川さんが考えるセクシーさって?
広川千晶:お姉さんみたいなイメージで、上から目線で見ちゃう感じですね(笑)。

取材:胸が大きなところがわかるシーンもあると思うのですが。
広川千晶:一番強調されているところは、バスルームで泡だらけになっているシーンだと思います。すごいギリギリなんですよ。

取材:胸はいつ頃から大きくなったのですか?
広川千晶:中学1年生のときですかね。1年間でAカップからDカップになったんですよ。そこからだんだん大きくなっていき、高校1年生のときにはG〜Hカップくらいになっていました。遺伝だと思います(笑)。

取材:これからやってみたい仕事は?
広川千晶:もっとグラビアアイドルを極めていきたいですね。演技もやってみたいと思います。

 


 
広川千晶 DVD『Chiaki Smile♪』

 
iTopix Idol News Archives バックナンバー一覧