工藤菜緒
大緊張の初イベントで、勇気を振り絞った萌え度120%のゴロニャンポーズを繰り出した
2008.5.31 / ソフマップ音楽CD館

「初めてで緊張していますけど、楽しいイベントにしたいと思っています」と、小声で遠慮がちな所信表明を行なった工藤菜緒。撮影会なども未経験ということで、このイベントがファンとがっちり対峙する初めての機会だった。

 大阪出身と聞いていたが、関西弁の面影は聞かれず。もっとリラックスすると出てくるのかも知れない。

 ミス・FLASH2008に選ばれ、漫画誌などの表紙も飾る彼女だが、イメージDVDは今回の『Angel Kiss〜ときめき18-eighteen-』(トリコ)が初作品。

 その内容を尋ねられると、時間をかけて考えた末に、「タイトルは“18歳をときめこう!”っていう…」。何だかそのまんまな回答ではあるが、緊張感がひしひしと伝わる中でのこのひと言は、微笑ましくも新鮮。そして萌え度120%!

 MCに促されて「皆さん私にときめいてくれてますか?」と無理やりいわされた時の表情もやはり然り。

「バリ島にロケしてきました。大自然が一杯の場所でした。撮影では動物園に行ったことが印象に残っています。日本では見れない動物とかが沢山いて…。動物に触ることも出来たんです、イグアナとか鳥とか。すごく怖かったんですけど、イグアナは大人しくてザラザラしてて、面白かったです。鳥は以外に力が強くて(腕に乗せた時に掴まれて)痛かった。ツイスターゲームも初体験しました。体が硬いので大変でした」

 初のDVD撮影の現場は初体験もいっぱいで、楽しめ様子。さらに「最後のシーンが気に入っています。海の夕日ののシーンです。美奈さんじっくり観て下さい!」との御本人からのお勧めだ。

 また、「スクール水着は中学校以来。胸に6年○組っていう名札が…」と、ご本人的にはちょっと恥かしげなシーンもあるといい、こちらも必見だ。

 身長が167pと高く、均整のとれた抜群プロポーションの工藤菜緒。しかし意外にも

「水泳は小学生の時にちょっと習っていたんですけど、今でも25mぐらいしか泳げません」と、スポーツ万能というワケではないらしい。「でも、ちっちゃい頃は外で遊ぶのが大好きで、かくれんぼ、鬼ごっこ、ドッジボールとかをしてました」といった彼女にMCが、「じゃあここでエア・ドッジボールしてみようか?」と提案。

 客席に向けて「誰かボール投げて下さ〜い!」とMCが振るも、躊躇しまくりのファンの皆さん…。

「誰も投げてくれない…(笑)」と、ヘコみながらも微笑む彼女。「じゃ、これは次のイベントで!」とMCがいうと、客席から笑いが巻き起こっていた。

 工藤菜緒ご本人の緊張が客席にも伝染してしまったのかも知れないが、基本、温かく見守ってる感が充満する和やか&穏やかな現場なのだった。

「活動スケジュールはアメブロとモバゲーでブログをやっているのでぜひチェックしてください!」といった後、お待ちかねの撮影タイムではピンクの水着で登場。「特技は萌え系ダンスなんですけど、こんな感じです」とゴロニャン猫ポーズを披露。

 カメラを構えたファンからはもちろん、猫ポーズのリクエストが多数だった。(了)

 


工藤菜緒、10代ラストDVDは、ファッション誌的な要素も取り入れました!
工藤菜緒、大人っぽいシーンにハラハラドキドキ!
工藤菜緒、大緊張の初イベントで、勇気を振り絞った萌え度120%のゴロニャンポーズを繰り出した
工藤菜緒、18歳・スレンダー美少女が、萌えダンス!

 

 
iTopix Idol News Archives バックナンバー一覧