大堀めしべ
いま一番アツい崖っぷちアイドル(?)が、アイドル業界初の“ハグ会”を敢行!!
2008.10.18 / 石丸電気ソフトワン

 国民的アイドルグループというステータスに肉薄中のAKB48。

 その中で最年長メンバーとして、ご本人としては嬉しいのかどうか微妙な部分がプロフィール的特徴とされてきた大堀恵改め、大堀めしべ(※同い年のメンバーに野呂佳代がいるが、大堀=83年8月25日生まれ。野呂=83年10月28日生まれ。大堀が2か月早生まれ)。

 その落ち着いたキャラで異彩を放つ大堀めしべだが、いかんせんアイドルとしての活動期間には後がない!…と誰がいったか知らないが、背水の陣を敷いての一大プロジェクトを起動した。『AKBINGO!』(日テレ 水曜24:29〜24:59 放送中)で毎週リポートされているので、先刻ご存知の方も多かろう。

 軽く説明すると、大堀恵が“大堀めしべ”という何だか意味深な芸名に改名。その上でリリースしたのがソロデビューシングルCD『甘い股関節』(Vap)である。そして、発売日の10月25日からの1ヶ月間で1万枚以上を売り上げなければ“AKB48を強制卒業!”、つまりはクビとなってしまうという無慈悲な企画が進行中なのだ。

 だが一概に無慈悲とは言い難い部分もある。なぜならこの曲、作詞:秋元康、作曲&編曲:後藤次利、振り付け:パパイヤ鈴木…という豪華な布陣。『AKBINGO!』でも毎週のようにお知らせされるし、かなり恵まれた環境でもある。

 しかしそれは同時に、本人・大堀めしべにとっては最大のプレッシャーともなっているようで、一時期は体調を崩すなどの状況もあった。そういえば、モーニング娘。もデビュー前に当時のメンバー5人(中澤裕子、石黒彩、飯田圭織、安倍なつみ、福田明日香)で5万枚をノルマとすることをデビューの条件とする企画があったのを思い出す。その際には、飯田圭織がプレッシャーのために、視力が一時的に著しく低下するというトラブルが発生していたのを思い出す。

 そんな計り知れないプレッシャーの中にいると思われる大堀めしべ。この日は発売後初のイベント。しかもファン全員と“ハグ”するというSPサービスも行った。

 集まったのは、この日2回のイベントでのべ400人以上。最近では珍しい集客で、前途は明るい! ハグと同時に耳元でマル秘ワードを囁かれたファンたちは、腰砕け寸前に悩殺されていた。(了)

 


 

 
iTopix Idol News Archives バックナンバー一覧