飛鳥凛
飛鳥凛は断れない性格?BS朝日ドラマ『ラストメール』DVD-BOXがリリース。
2009.6.7 / 石丸SOFT本店

 ヤンジャン制コレにも登場したことはあるが、その活動状況はもはや正統派女優。映画、TVドラマ、そして時々CMでも目にする飛鳥凛がリリースしたのは『ラストメール DVD-BOX』(ポニーキャニオン)。BS朝日で08年10月からの約3ヶ月間で放送された同タイトルの連続ドラマをDVD化したものだ。

 ストーリーの核となるアイテムは携帯電話だ。生前に成しえなかった死者の想い。これが携帯メールで受け取ったヒロイン・渡瀬希美(飛鳥凛)が、その想いを成就させるべく奔走するという展開だ。

 そして、大入り満員の発売記念イベント会場に、写真で観ただけでも、ハンパない透明感の飛鳥凛の登場!…かと思いきや、まず登壇したのは【みにちあ☆ベアーズ】の12人。“小学生女子ジュニアアイドルチアグループ”という彼女たちなので、ま〜可愛らしいっ! そして元気一杯に、運動会的な吹奏楽に乗って、同事務所・スターダストプロモーション所属の飛鳥凛先輩をチア=応援だ。

 続いて登場したのは、【ももいろクローバー】の中高生5人。こちらはミニ浴衣が特徴的なアイドルユニットでやはり同事務所所属。彼女らは自身のデビュー曲『ももいろパンチ』やAKB48の『大声ダイヤモンド』など3曲を熱唱。アグレッシヴなダンスパフォーマンスが見事。会場を熱くした。

 そして、いよいよ飛鳥凛が登場! ファンへの挨拶に次いで『ラストメール』の主題歌『Miss You』など3曲を熱唱。演技だけじゃなくて歌もかなりイケるんですね〜…と、DVD発売イベントでありながら、前半はずっと豪華なライブイベントの様相なのだった。

「主人公の渡瀬希美は、断れない性格だったりとか、自分と似ているところもたくさんある、フツーの女のコ。テーマになっている携帯電話は私にとっても必需品ですし、共感できるストーリーでした。毎回心温まるお話になっているので、ぜひDVDで何回も観て下さい!」と作品をアピール。

 イベントの最後に“ラストメール”を自分が送る立場になったら誰に送りたい? と訊いてみたところ、 「そうですね〜…。なんか悲しくなっちゃうんですけど、一番最初にお母さん。あと、高校時代の親友にも送りたくなっちゃうかもしれません」とのことだった。(了)

 


飛鳥凛は断れない性格? BS朝日ドラマ『ラストメール』DVD-BOXがリリース。
飛鳥凛・松山愛里・小野恵令奈・あいか、美少女4人が、怖い映画で怖〜い演技

 

 
iTopix Idol News Archives バックナンバー一覧