@ミスティグラビア/大貫彩香グラビア 「乙女の恋心」前編
桜井まり・水元ゆうな・大江朝美
桜井まり主演。水元ゆうな、大江朝美が共演のJホラー完成披露に不気味な黒い影が!?
2009.11.20 / 渋谷シアターTSUTAYA

 この日、完成披露イベントで公開されたのは、身長はちっちゃいけどボディはセクシーボンバーなコンパクトグラマーガール・桜井まりの主演映画『妖美伝奇 新説 牡丹灯籠 壱/この世の果て』(清水匡監督作品。(C)「新説 牡丹灯籠」製作委員会)だ。

 夜な夜な侍女とともに侍の家を訪れて来る美女が、実は屍だった!…という、三遊亭圓朝の有名な古典落語『怪談 牡丹灯籠』が原案。現代版へと大胆に置き換えたストーリーとなっている。

「交通事故で両親が亡くなってから、地獄と野境目と、霊が見えるようになってしまった女のコの役です」という主演・桜井まりは、本作でラストヌードを披露(!)。

「恋人と車に乗っている時に交通事故で亡くなってしまって、恋人に逢いに来るという役です。幽霊という役が初めてで、難しかったんですが色々と学ぶことも多くて勉強になりました」というのは元AKB48チームAの大江朝美。円らな瞳を時には血ノリで染めて哀しき幽霊を好演。

 さらに、そのパーフェクトボディに1億円の保険がかかったことがあり、スーパーAVアイドルの名を欲しいままにした水元ゆうなは、
「前半と後半で性格がガラッと変わって難しかったんですけど…。あと見所は下着姿とかですかネ(笑)。これ、実は自前の下着だったんです」とのことで、物語のセクシー要素にターボをかけるオトナな艶技が見もの。

 ドロドロゾンビ風、地獄への入り口などのホラーシーンに混じり、ストーリー展開の中では桜井まりによるたっぷりした濡れ場、桜井vs.水元の“百合”シーンなどもあったりして恐怖感覚以外でも生唾モノの作品だ。

 そして水元ゆうなのコメントにもあった通り、本作は『壱』ということで“後半”が存在する。

 『壱』は2010年1月8日に、後篇の『妖美伝奇 新説 牡丹灯籠 弐/さよなら』は2010年2月5日にリリース予定なので、要チェックである。

 ホラードラマを演じた美女3人だが、普段はこの手の映画を観るのか否かを尋ねてみたところ。

「コワイのが苦手で余り見ないんですけど、好きな人と一緒に観るなら良いかな(笑)」と、桜井まりは小悪魔コメント。

 大江朝美は「子供の頃は強がってよく観たんですけど、段々コワイのが苦手になってきてます」だとか。

「苦手です…」と言葉少なに表情を曇らせた水元ゆうなは本気で苦手なのかもしれない。

 また、大江朝美は
「ロケ現場に向かう時に雨が降っていて空が暗くて…。やっぱりこういう撮影の時はこんな天気になるのかなって思いました」と、急に怖いことをいう。

 かと思うと桜井まりは、
 「撮影中に観た不思議な黒い影を、今日、この劇場で観ました!(笑)」と、かぶせて来た。まったく本編の恐怖シーンに加えて脅かし好きな方々である。

 完成披露イベントでは、桜井まりが和服から水着になる撮影タイムもあり、幽霊も退散するような勢いでフラッシュが瞬いていた。(了)

 


桜井まり主演。水元ゆうな、大江朝美が共演のJホラー完成披露に不気味な黒い影が!?
大江朝美、ファンの前への久々の登場に、親友のあの人も応援に!!
大江朝美、セーラー服のショットが一番好き!!
桜井まり、コンパクトグラマーな魅力が詰まった作品
 
 
 

 
iTopix Idol News Archives バックナンバー一覧