@ミスティグラビア/野田彩加グラビア「彩加のお願い」前編
SKE48
はじめての本格的な「地方」出張公演は、最高のステージに!
2010.4.12 / 渋谷 duo MUSIC EXCHANGE

名古屋の栄を拠点に活躍するアイドルグループ「SKE48」(チームS)が、東京出張公演を開いた。今まで秋葉原のAKB48劇場を使った公演は実施されていたが、本格的な地方出張公演は今回がはじめてとなる。いつも以上の声援がステージに贈られ、メンバーも最高のパフォーマンスを東京のファンに披露してくれた。


取材:今回歌う曲のなかで好きなものや、その理由などを聞かせてください。

平田璃香子:13曲目の『仲間の歌』です。この曲は、私たちチームSの今までの絆を秋元さんが歌詞にしてくれたものなんですよ。ファンの方と語るところがあって、全員で盛り上がれる曲だと思うので、そこに注目してくれると嬉しいです。

高田志織:アンコール2曲目の『ピノキオ軍』です。振り付けがとにかく面白くて、ファンの方もすごくいいと言ってくれるんですよ。曲だけでなく表情にも注目してもらいたいです。

矢神久美:それぞれのメンバーにイメージや雰囲気が合っていて、それぞれの色が出ているかなと思っています。ユニットの方も魅力的な感じが出ていると思います。

松井玲奈:一番最後の『手紙のこと』という曲が本当に本当に大好き。東京の方が名古屋にいる私たちに手紙を書いてくれるのですが、そういう時の気持ちが詰まっているところに注目してもらいたいです。

松井珠理奈:アンコールの1曲目の『楽園の階段』ですね。その曲には「キスを投げるよ」という歌詞があって、踊りでファンの人に向かってキスを投げたりするんですよ。これはファンの方とコミュニケーションが一番とれる曲だと思うし、一体感があるので一番好きです。

桑原みずき:私は『水のないプール』という曲が心に届いています。バラードで振り付けもシンプルなのですが、歌詞が背伸びをしない今の私たちの等身大の歌詞になっているので、それを聴きながら振り付けをやってもらいたいです。

須田亜香里:『Doubt!』という曲が好きです。とても切ない曲。切ない表情でファンの方に感情を伝えることがとてもむずかしいので、メンバー内でも練習したり、話し合ったりしているんですよ。そういうところも含めて注目してもらいたいです。

木下有希子:1曲目の『恋を語る詩人になれなくて』という曲が大好き。1曲目からすごく盛り上がれる曲なので大好きです。

 


石原良純・SKE48(小野晴香、高田志織、出口陽)、
米沢瑠美・大矢真那・小木曽汐莉・大堀恵、まるで映画のようなサイコスリラーゲーム『Alan Wake』に大興奮!
SKE48、はじめての本格的な「地方」出張公演は、最高のステージに!
SKE48、ファンのみんながいたから、ここまで来れました!!
矢神久美・向田茉夏・松下唯(SKE48)、もうすぐ公開される映画『ケロロ軍曹』を応援します!!
SKE48、2009年の集大成で単独コンサート開催!!
 
 
 

 
iTopix Idol News Archives バックナンバー一覧