@ミスティグラビア/秋山ゆずきグラビア「ゆずゆず」前編
松岡音々
思い出が詰まった渾身の1冊ができ上がりました
2010.7.25 / 書泉ブックマート

『週刊プレイボーイ』と『週刊ヤングジャンプ』によるグラビアオーディション「グラビアJAPAN」でグランプリを受賞した松岡音々さんが、写真集『1/nene』(集英社)の発売記念イベントを開いた。


取材:はじめての写真集ができ上がってみた感想は?
松岡音々:嬉しいです! 「グラビアJAPAN」でグランプリになってから1年。いつも応援してくれるファンの方に支えられてこの1冊ができたと思います。

取材:撮影はいつどこでやりましたか?
松岡音々:4月に都内で撮って、ゴールデンウィーク明けに石垣島と西表島に行ってきました。毎日充実していて、あっという間に撮影が終わってしまいましたね。

取材:とくにお気に入りの写真は?
松岡音々:やっぱり表紙。それから一番最後のページの桜の写真が好きです。

取材:タイトル『1/nene』の意味は?
松岡音々:グランプリになってから1年間の私という意味と、写真1枚1枚に思い出が詰まっているので。自分でも「こういう表情をするんだ」って、新たな発見がありました。

取材:着てみてよかった衣装などは?
松岡音々:花柄のワンピースとか、黒いビキニとか。朝に撮影をした写真のキャミソールは自分の私物なのですが、お気に入りです。

取材:ロケ中のエピソードなどはありますか?
松岡音々:海で泳いだことですね。私は水泳をやっていたので泳ぎには自信があるんですよ。でも、クラゲに腕を噛まれて、腕が上がらなくなって大変でした(笑)。

取材:点数をつけるとしたら?
松岡音々:満点です!

取材:「グラビアJAPAN」を受賞してから、身の回りの変化はありました?
松岡音々:友人や家族はあまり変わっていませんが、コンビニなどに行って、自分が表紙の雑誌が置いてあるということに驚きましたね。今回のロケで行った石垣島などにも『週刊ヤングジャンプ』が置いてあって、「こんなところにも私が届いているんだ」と思いました!

取材:今後はどんな活動をしたいですか?
松岡音々:今年に入ってからは演技の仕事もいくかやらせてもらったのですが、自分の表現の幅をもっと広げたいと思っているんですよ。テレビなどにも出られるようになりたいです。

 


松岡音々、1人で何役も! コスプレ三昧のDVDです
松岡音々、思い出が詰まった渾身の1冊ができ上がりました
 
松岡音々 写真集『1/nene』  
 

 
iTopix Idol News Archives バックナンバー一覧